大地主の親戚が亡くなった 俗にいう「土地持ち」という家系は、周囲から羨ましがられたり嫉妬されるものです。確かに、自分が頑張ってきたわけではないのに、生まれた時から土地という財産を分け与えられたようなものです。しかし、このようにたくさんの土地を所有していると、その人がなくなった時に、誰に相続するかという問題が生じることとなり、これはもともと土地のない人間には理解し難い悩みなのではないでしょうか。

仙台 相続登記の紹介


相続登記という言葉を聞いたことがあるでしょうか。そもそも、もともと土地を所有していた人間が変わる場合に、相続した人間であるということを証明するために、所有権移転登録という手続きをして予め相続する人の名義に変える必要があります。これをしていないと、いくらその土地を相続したことが明確で、実際に事実だとしても、土地を売ることができないのです。

相続財産によるご寄付 | 早稲田大学へのご支援をお考えの皆様へ~世界へ貢献する大学であり続けるため~ | 遺産・相続財産による寄付

この、相続登記をせずに、もともとの所有者がなくなった場合、誰かが勝手に土地や不動産を売ってしまうという危険もあり、兎に角とても面倒くさいのです。

愛知県名古屋市の弁護士 Q:相続財産管理人とは?

故人が死後に残せるものは、それぞれですが、生前に望んだ結果にならなければ、その方も浮かばれないのではないでしょうか。私の親戚は地元の大地主でしたが、その辺を曖昧にしてなくなってしまったので、今、私を含めた親戚関係は大揉めにもめています。

それでも、はじめからそれに気が付かない方も多いことでしょう。遺産相続でトラブったら司法書士に相談するしかないでしょうね。今回私はいい勉強になりました。みなさんもお気をつけ下さいね。